スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

パン焼き機が活躍しています。

前回はお米でしたので、今回はパンについて。
ブラジルのパンは、どれも日本のパンとは少しずつ異なり、まだ絶品のパンにはめぐりあっていません。

そこで、普段は船便で送った日本製のパン焼き機で焼いています。
(焼くと言っても、粉をセットして、朝、焼きあがりを待つだけですが!)

でも、ブラジルにはパンの大事な材料、強力粉がありません。
当初、日本食材を扱かつているお店で日○製粉とかの強力粉を買いましたが、1K= R$16.5 (約\850)位と高めなので、こちらのスーパーマーケットでも手に入る、中力粉で焼いて見ました。(写真の右”Renata”忘れましたがR$3(\150)位?)

今回、ナッツや乾燥フルーツ入りにしてしまい本来のプレーンなパンでは有りませんが、“まぁ、悪くなさそう”と言うところでした。

これから粉は、こちらで身近なこの中力粉を使って、粉以外のものでいろいろ調整しておいしいパンを目指してみようと思っています。

DSCN4043.jpg
スポンサーサイト
19:37 | 日常 | comments (4) | trackbacks (0) | edit | page top↑
”R”の常識は使えません。 | top |

コメント

#
ん、良い感じじゃないですかv-366e-461
美味しそうですね~、ナッツ&ドライフルーツのパンi-277
ご承知のように、米粉で作る製パン機が売れに売れてる日本ですが、ヤマちゃんのオリジナリティ溢れる中力粉パンの方が、楽しそうe-266
by: Keta | 2011/01/24 21:25 | URL [編集] | page top↑
# はじめまして。
パラナ州在住の TAMAGO と申します。

以前、私も、
日本から持ってきたパン焼き器を使っておりました。
数年前に壊れてしまい、今は使っていませんが。
いろいろな小麦粉(中力粉)で試しましたが、
Dona Benta(ドナ・ベンタ)が一番美味しく焼けたように思います。
もう何年か経っていますので、確信は持てませんが、
もしよろしければ、お試しになってみてください。

あと、
ご飯のことですが、我が家でもずっと弥勒米を食べています。
少し、1割か2割ぐらいでしょうか、
もち米を混ぜて炊くと、もちもちして、ほんの少し日本に近づく気がいたします。
quebrado(ケブラード=粒の壊れた、言ってみれば不良品)だと、
お値段が少し安いし、もちもち度が増すので、お薦めです。

工夫は必要ですが、日本食材が手に入るのはありがたいですよね。

では。
by: TAMAGO | 2011/01/25 00:44 | URL [編集] | page top↑
# Keta さま
日本ではまだまだ進化中ですか!
米粉で作られた市販のパンもずい分出回っていましたしね。
ホントは今も日本の美味しいパンが恋しいのですが、ないものねだりより日々精進が必要ですね(・_・;)
by: eko | 2011/01/25 21:44 | URL [編集] | page top↑
# TAMAGOさま
貴重な情報ありがとうございます。
実は、今朝焼いたパンは陥没してしまっていました。
ミルク(スキムミルクもなし)が切れていたので、“まぁ、いいか”なんてバターを多めにはしたのですが、かなり適当な状況になりつつありました。
早速探してみます。

お米を炊くのも工夫が必要だったのですね!
こちらも探して挑戦してみます。
ありがとうございました。
by: eko | 2011/01/25 21:47 | URL [編集] | page top↑

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://kimamasp.blog135.fc2.com/tb.php/67-a5c6cd20
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。